魚翁独白

VOL67 今年も白写り

今年も懲りずに白写りに挑戦します。VOL65の昨年掲載魚のその後をまず報告します。23匹が1匹になっていました3歳魚は雄が確定し手放しました。今年も4歳はゼロです。昨年3匹残した2歳魚は1匹がおデブになりすぎて脱落、1匹は残しましたが手縞が気になり写真は見送りました。その結果上段の1匹が残りました。1歳魚の内VOL65上のパンダジュニアの仔の3匹は1匹が脱落3匹写っているうちの下部の1匹はメスらしく真っ白の肌をしているので残しましたがあまりに模様がかたよっていますので今年の写真には載せませんでした。あとの1匹は今年に写真で黄色く映っているものです。墨が良く諦めきれずに残しました。同じく1歳魚ゼブラジュニアの仔写真13匹写真外の3匹敬16匹の内5匹をのこしました。今年の写真を掲載します。このうちの3匹(パンダの仔1匹を含む)は雄の可能性が高いのですが諦めきれずにのこしました。昨年写真に写っている昭和は成長が良くありませんでしたが残しました。写真掲載は見送りました。さて今年ですが例年より少ない11匹です。購入時のポイントは少しでも墨の出ているものです。青地だけのもの、逆に青地がないものは避けるでした。雄雌、肌の白さは考えないことにしました。12月に購入、水槽で越冬5月5日池デビュー時は既に青地だけになってしまったのが2匹います。

Comments are closed.