魚翁独白

VOL54 残念な白写

この白写は3年前2歳の時新潟県柏崎の宮崎薫養魚場で譲っていただきました。その時は2番緋(1番はないので表現が難しい)はありませんでした。1年預かっていただき秋に行ってみますと少しだけ尾筒のところに赤みがありました。そして現在私の池で飼っていますが写真のとおりです。この柿色がもう少し赤くて均一の鹿の子になればそれはそれで楽しみな鯉になるのですが、そうもいきそうにありません。でも好きな鯉ですのでずっと飼い続けることになりそうです。現在65センチです。

Comments are closed.